法と心理

 第1巻 第1号 2001年


創刊の辞
会長挨拶


記念講演記録
 
法と心理学に期待するもの

佐伯千仭



特集論文
法と心理学の可能性
特集主旨説明
   後藤昭

注意の限界性をいかに捉えるか
   三浦利章

交通事故における刑事過失責任追求の意味
  松宮孝明

和解過程に影響を及ぼす社会心理的要因
  についての考察

  田中堅一郎

民事紛争解決における合意をめぐる諸問題:和解と納得を中心にして
  齋藤哲

目撃証言に関する心理学研究の可能性
  菊野春雄

犯罪捜査における単独面通しの禁止
  田淵浩二

子どもの面接: 法廷における「法律家言葉」の分析
  仲真紀子

刑事・少年司法と心理学の可能性
  荒木伸怡

虚偽事実の無意図的な共同生成と証言者の年齢特性:幼児と大人の語り合いはどうすれ違うか
  山本登志哉



研究ノート

忘却の原因としての想起: 目撃者の記憶、トラウマ記憶との関連
  丹藤克也

人権感覚と法的推論の研究
  小林琢哉



海外事情レポート

海外事情:アメリカにおける関連学会情報
  徳永光



会報




© 2013 The Japanese Society for Law and Psychology.
〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学法学部 笹倉香奈研究室内 TEL 078-435-2433