法と心理 第16巻 第1号(2016年)



■ 特集「自閉スペクトラム症と少年司法」
  • 企画趣旨
     野村武司

  • 自閉スペクトラム症と少年司法の課題
     十一元三

  • 自閉スペクトラム症のある少年の事件の付添人、弁護人の法廷技術
     岩本憲武

  • 自閉症スペクトラム障害のある非行少年の理解と対応
     村尾泰弘

  • 討論
     野村武司

■ 法と心理学会第16回大会 大会企画シンポジウム「司法面接をどう使うか――スキル、連携、法制度」
  • 企画趣旨
     仲真紀子

  • 司法面接の展開――多機関連携への道程
     仲真紀子

  • いわゆる「司法面接」に対する検察の取組
     稲川龍也

  • 司法面接結果の公判廷への顕出の可能性
     緑 大輔

  • 体験した事実を聴き取るための面接スキル
     渡邉和美

  • 指定討論
     石橋昭良

■ 法と心理学会第16回大会 ワークショップ
  • 「日本版のイノセンス・プロジェクト(IP)」の可能性――日本版イノセンス・プロジェクトの設立に向けて
     山田早紀・笹倉香奈・指宿 信・稲葉光行・佐藤博史・浜田寿美男

  • 裁判員裁判の量刑評議のあり方を考える――近時の最高裁の判断および模擬裁判をふまえて
     三島聡・本庄武・森本郁代・國井恒志

  • 児童期の性的虐待被害とその回復をめぐる法心理2――ドイツ・韓国調査の報告
     松本克美・金成恩・安田裕子

  • 供述分析と情状鑑定
     山田早紀・脇中 洋・村山満明・浅田和茂・大倉得史

  • 「事実認定学」をつくる――法と心理の協働
     山田早紀・村上満宏・浜田寿美男・石塚章夫

  • 容貌変容と法心理――被害者支援のためのアプローチの検討
     木戸彩恵・松本克美・今飯田佳世子・大倉得史・大久保智生

  • 裁判員研究の現状とこれから
     伊東裕司・綿村英一郎・荒川歩・白取祐司・小原健司

■ 原著論文
  • 面接者の誘導が繰り返しの写真識別判断に与える影響――「わからない」判断を用いた検討
     福島由衣・三浦大志・厳島行雄

■ 海外学会参加報告
  • 第9回東アジア法と心理学会 9th East Asian Law and Psychology Conference
     中田友貴

■ 関連学会報告
  • 日本応用心理学会――その歴史と伝統
     藤田主一

■ 書評
  • キャロル・B・アンダーソン/著 石崎千景・荒川歩・菅原郁夫/訳 『裁判員への説得技法――法廷で人の心を動かす心理学』
     河津博史

  • 渡邊敦子・安齊順子/編著 『対人関係とコミュニケーション――依存症・触法精神障害者への支援から考える』
     鈴木愛弓

  • ブランドン・L・ギャレット/著 笹倉香奈・豊崎七絵・本庄武・徳永光/訳 『冤罪を生む構造――アメリカ雪冤事件の実証研究』
     関口和徳

  • 大渕憲一/監修『紛争・暴力・公正の心理学』
     上原依子


© 2013 The Japanese Society for Law and Psychology.
〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学法学部 笹倉香奈研究室内 TEL 078-435-2433