法と心理

 第3巻 第1号 2004年


特集

「若者と社会〜加害と被害のクロスオーバー」
 法と心理学会第3回大会シンポジウム

清水寛之・吉野絹子・藤原正範・前田忠弘・藤田裕司



講演記録

トラウマとそのケア
  元村 直靖

刑事鑑定人の法意識:改革課題について
  青木 正芳

集団の社会心理学と公正
  大淵 憲一



一般論文

裁判に関わる心理学者のための倫理規範の提案
  後藤 昭・徳永 光

模擬裁判評議の経験が裁判員制度に対する評価に及ぼす影響:集団主義的傾向・社会的勢力認知との関連で
  藤田 政博

目撃者の視力が顔識別に及ぼす影響
  近藤 倫明・箱田 裕司

誘導された行動と強制された行動における責任判断
  黒沢 香・米田 恵美

被害者の否定的要素と量刑判断
  山岡 重行・風間 文明




海外学会参加報告
韓国法心理学会2003年春季国際学術大会参加報告

 浜田寿美男・山本登志哉


書評

Sporer, Malpass, and Koehnken編(箱田裕司・伊東裕司監訳)『目撃者の心理学』

 笹倉 香奈

編集規定・投稿規定

編集後記





© 2013 The Japanese Society for Law and Psychology.
〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学法学部 笹倉香奈研究室内 TEL 078-435-2433