法と心理

 第9巻 第1号 2010年


特集
[日本と韓国における市民の司法参加と法心理学] 法と心理学会第9回大会 大会企画公開特別シンポジウム


日本と韓国における市民の司法参加の新しい潮流と法心理学――企画趣旨とまとめ
  岡田悦典

韓国国民参与裁判の現況(2008年8月20日現在)
  朴光培(翻訳:「明玉)

大韓民国型国民の司法参加制度導入とその施行上の主要な争点
  金尚遵(翻訳:厳恩珠)

日本における市民の司法参加――裁判員制度の概要と課題
  加藤克佳

裁判員の知識と力――市民が裁判を行うことについて
  仲真紀子


サブ特集
[法と心理学のまなざしと、その再検討:協働を求めて]


企画趣旨
  若林宏輔

日本における法と心理学研究の動向と展望
  石崎千景

若手研究者から見た法学と心理学の協働の現状と課題――議論のための基礎データの提供
  吉井匡

■ADRにおける「相談」の再評価と「法と心理」研究の可能性に関する一試論――交通事故ADRならびに「ソフト」としてのADR論を中心に
 久保山力也

■法と心理学の協働の実際――裁判員制度研究と心理学的解剖研究に接する心理学者の立場から
 山崎優子・入山茂・荒川歩

■実務家としてのコメント
 今村核

■法学者からのコメント
 白取祐司

■一心理学者からのコメント
 伊東裕司

■法と心理学の協働――10年後の未来を見据えて
 若林宏輔・荒川歩・石崎千景・上宮愛


講演記録

■韓国における法心理学

 朴光培(翻訳:金孝淑)


法と心理学会第9回大会 ワークショップ

■取調べの可視化

  指宿信・黒沢香

法廷技術と心理学――裁判員制度導入に向けて
  菅原郁夫

紛争解決における法学のフレームと心理学のフレーム
  菅原郁夫


一般論文

■一般市民の量刑判断――応報のため?それとも再犯抑止やみせしめのため?
  綿村英一郎・分部利紘・高野陽太郎


事例報告

■布川事件におけるW氏の目撃供述の信用性に関する鑑定
  厳島行雄


海外学会参加報告

第7回陪審研究と実践学会(7th annual jury research & practice conference)参加報告
 若林宏輔


書評
■榎本博明・岡田努・下斗米淳(監修)/仲真紀子(編)『自己心理学4――認知心理学へのアプローチ』

  後安美紀

誤判(冤罪)原因研究の到達点と裁判員制度下の課題の提示:日本弁護士連合会人権擁護委員会(編)『誤判原因に迫る――刑事弁護の視点と技術』
  田中輝和


編集規定・投稿規定・編集後記




© 2013 The Japanese Society for Law and Psychology.
〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学法学部 笹倉香奈研究室内 TEL 078-435-2433