目撃ガイドライン作成委員会



 目撃ガイドライン作成委員会(代表・浜田寿美男)は法と心理学会発足時から活動してきた学会内の研究組織のひとつである。これまで主として目撃者に対する捜査活動のガイドラインを検討してきたが、2005年10月『目撃供述・識別手続に関するガイドライン』を編集し発行(現代人文社刊)の予定。

 現在は、公判段階の目撃供述をめぐる諸問題(反対尋問、証拠開示、証拠評価の注意則、心理学鑑定の方法と証拠化など)に関するガイドラインの作成と、目撃ガイドラインの刑事実務への普及に取り組んでいる。



© 2013 The Japanese Society for Law and Psychology.
〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学法学部 笹倉香奈研究室内 TEL 078-435-2433