法と心理学会 新・若手研究助成について



 本学会では、学会活動活性化の一環として、主として若手研究者の共同研究を促進するため、「法と心理学会研究助成制度」として、年2回研究助成金を支給する制度を設けてきました。
 2017年度よりこの制度を「若手研究者の大会発表や投稿の補助費」として位置づけることにいたします。対象となる大会及び学会誌は基本的に問いません。しかしながら、今回は当学会への大会や学会誌への参加・投稿にかかる補助を優先し、募集回数は、当学会の大会への参加に合わせ年1回の募集といたします。制度概要及び応募方法は以下の通りです。


<制度概要及び応募方法>

・応募資格: 常勤職に就いていない実務家・研究者(年齢制限なし)
・応募条件: 今大会での研究発表を必要条件とします
・助成内容: 交通費+大会参加費+宿泊費
(原則実費、但し、宿泊費については1万円を上限とします)
・助成人数: 4〜5名程度(各人の助成額によって前後します)
・応募方法: 法と心理学会研究助成申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の後、研究企画委員会・大橋靖史の下記アドレスまでお送りください
yohashi*soc.shukutoku.ac.jp(*は@に置きかえてください)
・審査方法: 応募された書類にもとづき審査を行います
・応募〆切: 2017年7月31日(月)(延長いたしました)
・成果報告: 研究成果について理事会に報告書を提出していただき、内容を学会誌に掲載します
・応募結果: 2017年7月末頃に結果を報告いたします



© 2013 The Japanese Society for Law and Psychology.
〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学法学部 笹倉香奈研究室内 TEL 078-435-2433